2005年11月14日(月)
    ニートや引きこもりになる若者たちは、私が今まで観てた限り、親子関係に問題があるケースがほとんど。どちらかというと、母親の方が口うるさく、子供に行動にいちいち口を出すかわりに、子供の世話を焼くのは手を抜いている。干渉するが、保護はしないのである。

    そういうように育った若者は、愛情が不足し、思春期になる一応親に反抗するが、だからといって親から自立しようとはしない。愛情が満たされていないから、自分に自信がもてない。その不安を抱えたまま、愛情を満たしてくれる対象を探す。だが、大抵はその試みは失敗に終わり、不安が絶望に変わっていく。

    頑張って良い大学に入れば一生楽が出来、幸せになると信じ疑わない、そういう親たちは決して幸せを掴む方法は教えてはくれない。子供のころから、そういう親に、頑張れと尻を叩かれた若者たちには、確かに豊富な知識に満たされたが、幸せになる知恵は全く育っていない。全く育てはいないにも関わらず、何不自由なく生きることが出来るところに、彼らの絶望感は更に深まって行く。

    これから何をして生きていけばいいのか、という相談を沢山受けるようになった。ただ、以前のように単に適職が分からないからといようなものでない。自分が何に迷っているかさえ分からないのだから、その悩みは深刻で、こちらの応えも慎重にならざるを得ない。 。

2005年11月4日(金)
    秋が深まりつつありますが、先日、母親を毒殺しようとした疑いで、女子高校生が逮捕されました。なんともやりきれない事件です。動悸が全く分からない。母親に殺意を持っていたわけでもない。身近にいる人間を、単に人体実験の道具にしただけとしか思えない、奇妙な事件・・・彼女のその心の闇の部分がとても興味があります。

    人間は様々な動機によって、行動します。それが本能的な行動であっても、あるいは明確に意思を持った行動であっても、その行動が何らかの目的のために行われます。運命はその行動の結果であったり、あるいはその行動をする動機を形作る周囲の環境であったり、刺激であったりしますが、そのことによってその人の人生が左右されることを考えれば、自分の意思の届く範囲で、それをコントロールすることが必要です。自分の意思の届かない範囲であったとしても、それをコントロールすることは可能で、そのために例えば気学や方位学があったり、あるいは風水学があるわけです。

    彼女が、そういう行動に至った経緯を、気学的に風水的に解き明かすことによって、本当の意味での、彼女の心の闇を見ることが出来るのかもしれません。

2005年4月18日(月)
    今年は、暖かい日が続きません。日替わりで、暖かい日と寒い日になっています。

    先日、ある男性からの相談で、別れた彼女とよりを戻せるかどうかという内容でした。決して相性が悪いカップルではありませんでしたが、お互いに感情的になりやすいタイプで、お互いの感情がぶつかり合ってしまうと、修復困難な状況になったしまいます。この彼女は、特に起伏の激しいタイプですので、相手が感情的になっているときは、一方が冷静にならないと、火に油を注ぐ結果になります。話を聞くと、どうもそうらしいのです。しばらくは、彼女の気持ちが落ち着くまで行動を起こさないようにと諭し、よりを戻す可能性としては低いと答えました。

    別れてはじめて気づく相手の存在の重さ・・・何であの時もっと優しくしてあげられなかったのだろうと、後悔の日々・・・覆水盆に帰らずのことわざ通り、一度壊れた関係を修復するのか困難極まりありません。あまりにも近い存在であっただけに、当たり前の存在になり、相手に対する思いやりの気持ちが薄れてしまうのです。

2005年4月4日(月)
    今日は花冷えで、風もとても強い一日です。昨日は20℃、今日は10℃。体には相当のストレスになります。

    木の芽が吹く頃は、精神的に不安定になったり、憂鬱になったり、体がだるく、調子を悪くする人がたくさんいます。これは、春が気の動き出す時期だからで、もともと気の巡りが悪い人、気の虚弱な人は、その影響を強く受けてしまいます。

    春分から夏至に掛けては、陽気が盛んになってきます。気の虚弱な人は、この時期に祐気取りに行って、大いに体内に気を蓄えることが大切です。体調も良くなるばかりでなく、運気もUPしていきます。

    先日、20代後半の女性から受けた相談で、職場の男性からじっと見詰められて、少し気持ち悪いということで、彼の気持ちと対処方法を教えて欲しいという相談を受けました。鑑定すると、彼は、執着心が強く、一途になりやすいタイプ。基本的に真面目だが、感情表現が上手ではないタイプ。一般の日本男性に多いタイプですが、このようなタイプの人は、やはりこの時期になると心身の不調を訴えやすいのです。そういう不安定な状態だからこそ、心の安定を異性に求めてしまっている・・・その対象がたまたまあなたたったということ。決して悪い人ではないので、あまり邪険にする必要もないし、かといって、相手に気がないのなら必要以上に愛想を良くする必要もない・・・と答えたところで、本人は心のもやもやがスッキリしたとのこと。

    今では、ストーカーという言葉が一般的になっていますが、対応を間違えると、殺人までに発展してしまう可能性があります。感情表現が上手く出来ず、またコントロールすることが出来ない、人と上手くコミュニケーションが出来ない・・・そういう人が増えてきたということ。結局のところ、気が乱れている人が多いということなのです。

2005年3月31日(木)
    何をしたら良いか分からない・・・・そんな悩みを抱えている人は大勢いるようです。特に、仕事を探す上で、その悩み、迷いが付きまといます。どんな仕事に向いているのか、充実感を味わえる仕事は何なのか、そういう問いは、洋の問うわず、年代を問わず、あるようです。

    心理学者マズローは、人間の欲求段階説と唱え、生理的欲求、安全の欲求、親和の欲求、自我の欲求、自己実現の5段階の欲求を上げ、生理的欲求から始まって,1段階目の欲求が満たされると,1段階上の欲求を志すというものです。

    日本においては、生理的、つまり衣食住の欲求は満たされ、世界有数の安全な国ですから、安全の欲求も満たされてます。3段階目の親和性、人との関わり合いや、人と同じようにしたいといった帰属意識の欲求です。この部分も、ほとんどの人は満たされていると思います。4段階目になると、自我の欲求、つまり、自分が集団から価値ある存在と認められて、尊敬されることを求める欲求のことで、大抵の人はこの段階で、欲求不満を感じるのです。

    何をしたら良いか分からないという悩みは、どうしたら自分が認められるか、という悩みに他ならないのです。そういう悩みに占いでは、あなたはこういう仕事に向いていますよ、とか、この仕事をすると 成功しますよなどと鑑定しますが、 5段階目になると、自己実現ですから、自分の能力、可能性を十分に発揮したいとか、もっと自己の成長を図りたいと思う欲求になりますので、この段階では自分の方向性なり、やりたいことははっきりしているはずです。

2005年3月29日(火)
    先日、ある女性からの依頼で、鑑定をしたのですが、その方は、丁度、衰運期ど真ん中。しかも八方塞の状態と結果が出てしまった。本人に伝えるも、自分の信念のために行動するとのこと。いろいろと説明をして、どうにか行動せずに、静観する方向に考えを変えてくれました。

    人は、衰運期を知らずに、自分の思いのままに行動しがちです。後で思えば、あのときなんであんな行動をしたんだと冷静に考えることが出来ますが、そのときには目の前のことばかりに気が取られるあまりに、盲目になっているのです。だから、周囲の静止も耳に入らずに、行動してしまう。そして、結果は、ほとんどの場合失敗に終わり、どん底に陥ってしまいます。

    私は、ここで何度もいっていますが、大切な人生の選択に迷ったら、今はどういう時期なのかを必ず知っておくことが、自分の人生を少なくとも失敗に終わらせないために必要なことになります。後悔ばかりの人生を送らないために、選択を誤らないでください。

2005年3月25日(金)
    今日明日は、寒の戻りで、少々寒い日になりそうです。先日、福岡県沖を震源とする地震がありました。気象庁など、地震研究者の間で全くのノーマークな地域での大地震。去年の新潟中越地方の大地震でも、あまり監視体制が強い地域ではなかったようです。いつ、どこにでも巨大地震は起こりえるということを実証した今回の地震ですが、”天災は忘れた頃にやってくる”という諺通り、自然災害はいつ襲ってくるかわかりません。それには、”備えあれば憂いなし”のように、常日頃から自然災害の対策はしっかりしておきたいのもですね。

2005年3月2日(水)
    先日、ご主人から離婚を切り出されて、子供のことを考えると、離婚はしたくないが、どうしたら良いかというご相談を受けました。お話をお伺いすると、自分の身内に病気がちの家族がいるようで、そのことで、ご主人に負担を掛けて、そのことも含めて、妻の対応に不満があるということで、離婚話まで発展してしまったようです。

    多かれ少なかれ、身内に身体が不自由な家族がいることは、誰にでもあることですが、例えば、親の介護の問題で、夫婦の絆が壊れたりするというケースもそれほど珍しいことではありません。

    結婚というのが、単に自分たちが愛し合っていれば、それで幸せになるというものも、決してないわけです。もちろん、相手のことを本気で愛しているならば、相手の家族のこともしっかり受け止めて考えてあげることが出来るのですが、どうしても、自分自身血のつながった身内ではないということで、阻害してしまいがちです。これはとても悲しいことですが、これこそ人間のエゴイズムなのでしょう。そのエゴイズムが、自分の心からなくならない限り、結婚生活で幸せを得ることはできません。

    そのエゴイズムによって、自分の運気を損なっているという現実をしっかり理解しなければ、その先の人生は浮かばれません。”情けは人のためならず”、という諺あるように、情の深い人は、運気を損なうことがないのです。目先の利得ばかりに目がくらんで、本来大切にしなければいけないものを失うのは、それこそ、その人にって不幸なことです。

2005年2月21日(月)
    この季節に荷は珍しく、雨が降り続いていました。インフルエンザが流行しているようですから、ちょうど良い湿り気を与えてくれましたので、インフルエンザもこれ以上流行することはないかもしれません。

    土曜日、若い女性から依頼を受けました。最近流行の出会い系で知り合った彼の気持ちが知りたいとのこと。会うまでは頻繁にメールのやり取りをしていたけれども、会ってからはほとんどやり取りがなくなったということで、不安になっているようです。

    鑑定してみると、あまり良くない。かなり精神的にナーバスになっているので、いきなり”彼はもう戻らない”と言うとショックを受けてしまうので、少しずつ順序だてて話しました。途中で、彼女も、彼とは駄目だという事を悟ったらしく、彼のことは諦めるとポツリ・・・

    出会い系という、相手の見えないバーチャルな世界で、自分のイメージの世界の相手に恋愛感情を抱き、会うことによって、リアルな世界へと引き戻されながらも、なおバーチャルな世界に浸って、恋愛し続ける・・・大抵は、リアルな世界に引き戻された瞬間に、目が覚めます。ですので、出会い系での恋愛は、ほどんど成就しないのが一般的のようです。まれに、上手くいくカップルはいますが、それはお互いがバーチャルな世界に浸っているからでしょう。遅かれ早かれ、どちらかがリアルな世界に戻った段階で、その関係は破綻します。

    バーチャルな世界でしか生きられない人は、果たして幸せなのか不幸なのか・・・・生きることそれ自身がリアルか世界の出来事ということを知る必要がありますね。

2005年2月18日(金)
    立春が過ぎて、そろそろ春一番が吹く頃となりました。まだ、気温は真冬並ですが、確実に春が近づいてきています。

    先日、ご主人と別居をしたという女性から相談がありまして、これから先どうなるか見てほしいとの事。ご主人が実家に帰ってしまったという、一般的なパターンとは逆な珍しいケース。息子さんが一人、来年大学受験を控えているとても大切な時期に、夫婦の間でごたごたが表面化してしまったわけです。親が不安定でいれば、子供の不安定になってしまいます。

    丁度、衰運期のど真ん中。起こるべくして起こったとしか思えませんが、その前兆は去年からあったようです。こういう時期は、お互いに身動きの取れない時期なので、静観している事。時期に雪解けの時が来るから無闇に行動をしないようにと伝えました。

    そろそろ季節も雪解けのシーズンですが、男と女の複雑な関係にも雪解けが来るといいのですが・・・

《Home》