2004年12月18日(土)

    先日、機会があって出版社の方から人相の鑑定を頼まれました。もうご覧になられた方もいるかと思いますが、歯の魅力的なタレント4人について、人相ならぬ歯相を観ました。歯相なんてあるの?って思われる方もいるでしょう。実はあるのですね。

    前歯は、自己を表し、犬歯は友人や知人、親戚を表します。小臼歯は仕事運、大臼歯はその人の精神性を表しているのです。前歯がやたら大きい人は、自己主張が強く、自己中心的。八重歯が目立つ人は苦労が付きまといます.小臼歯、大臼歯がしっかりしている人は、仕事運がよく、晩年になるにつれて発展していきます。

    一度、鏡で自分の歯を観察してみましょう。

2004年12月8日(水)

    早いもので、もう師走。今年も残すところあと1ヶ月をきりました。日曜の異様な気候は、今年一年の異常気象を象徴するかのようでした。

    人は多かれ少なかれ、自然現象の影響を受け、その運命を左右されてしまいます。新潟で起きた豪雨や地震での被害は言うまでもありませんが、このようなどうにもできない自然現象に対して、人は無力な存在なのでしょう。

    しかしながら、人の能力というのは、困難に遭遇したときに初めて開花します。人の運命といってもいいでしょう。私は常々運命は自分で切り開くものと言っています。いくら自然が自分たちに対して牙を向けようとも、それに対して自分がどう対応していくかによって、その後の運命は変わっていきます。

2004年11月30日(火)

    大増税時代到来か!・・・・最近テレビや新聞で話題になってる。増税というと、一般国民は反対するが、先進国の諸外国から比べると、日本の税金は安い方。なのに何故税金の負担感が大きいのか・・・・それは、税金がどれだけ自分たちのために使われているかという実感が、他の国に比べてないからなのだ。社会保障制度が貧弱で、無駄な道路や橋ばかり作り、少子化に歯止めがかからない状態では、将来日本を支えるべき人が減り続け、さらに税収は落ち込み、今の制度すら維持できずに破綻・・・・

    近々に来年の世相を占う作業を始めるが、今年はいろんな意味でとても重要な年で、今年下した決断が吉と出るか凶と出るか・・・吉と出れば発展は間違いないが、凶と出れば奈落の底に落ちる不運が待ち受けている。果たして、結果はどうなるのか・・・、

2004年11月15日(月)

    私の好きな詩人の一人に、アンゲルス・シレジウスという中世ドイツの宗教詩人がいます。とても神秘的な詩を書く人です。

      薔薇はなぜという理由なしに咲いている。
      薔薇はただ咲くべく咲いている。
      薔薇は自分自身を気にしない。
      ひとが見ているかどうかも問題にしない。

    有名な薔薇の詩ですが、人はどうしても周りを気にして自分のあり様に悩み苦しみます。周りを気にして自分のあり様を決めるなんてバカらしくありませんか?ありのままの自分で良いのです。

    心か平静で開放的であれば、運気も安定してきます。気の流れがスムースなのです。気の流れがスムーズであれば、ただありのままに生きていて幸せを感じるのです。

2004年11月10日(水)

    占いと一言でいっても、洋の東西さまざまな方法があります。若い女性に人気のタロットや占星術、比較的に上の年齢の方に人気の易や気学などの東洋系の占星術、手相や人相などの相学、それから引越しの時期や家相などの方位学や風水などがあります。最近、特に目立って人気のあるのが鑑定師の霊感を用いたものがあります。

    霊感商法によって多額の損害を被るといった事件がマスコミに報道されています。本当にその鑑定師に霊感があるかは定かではありませんが、自分の身近なことを言い当てられるとつい信じてしまいます。一度信じてしまうとたとえそれが見当はずれで身の覚えのないことを言われたとしても、そうなんだ信じ込んでしまうのが人間心理の不思議。自分には霊感がないという前提ですから、自分に見えないものが相手に見えても当然と思い込んでしまうのでしょう。

    前にもお話したと思いますが、人間にはもともと見えないものを感じ取る第六感があるのです。感の鋭い人は、その先がどうなるかを感じ取って、自然とそれを回避したり、あるいは突き進んだりして、自分にとって有利な方向に進むことができるのですね。ただ、いざ自分のこととなると本当にこの選択は正しいのかという疑念がその感を狂わしてしまうのでしょう。霊感占い師が流行るのも当然なのでしょうか・・・

2004年11月8日(月)

    NHKの教育テレビで御舟という日本画家のドキュメンタリ番組がありました。日本画家といえば横山大観が有名ですが、ちょうと同じ時代を生き、41歳の若さで亡くなった日本画に新しい流れを作ったこの画家が放った言葉でとても印象に残った言葉があります。

    ”いくら技術を磨いても、人間の出来ていないやつに良い絵は描けない。人間を作れ。”

    彼は晩年、禅寺で1年近く座禅などの修行をします。受験も仕事も世渡りも・・・何でもそうですが、とかくテクニックに走りがちで、大切な心を忘れてしまっています。テクニックばかり身につけようとし、テクニックを身につけて安心しきってしまう現代人において、人間関係を上手く築けなかったり、ちょっとした人間関係や仕事・受験のつまずきで自分を死に追い詰めてしまう・・・・教育はテクニックではありません。ましてや人間関係もテクニックではありません。恋愛も言わずもがな・・・・ですね。自分にとって良い人生を生きるためには、生きるためのテクニックを身につけるのではなくて、自分自身の人間性を高めていかなけれいけないのでしょう。

2004年11月6日(土)

    先日、新しくパリーグに球団が出来ました。どうも後味の悪い結末でしたが、結局経営体力が勝敗の分かれ目になったようです。どうもこの理由が解せません。オーナー会社の経営体力云々する球団のオーナー会社は、その杜撰な経営によって慢性的な赤字で喘いでいるではありませんか。人気のないチームだからこそ、ファンが球場に足を運ばないために、赤字になっている。それを選手の高額年俸のせいにして、自分らの経営センスに対する反省が全くありません。しかも、仙台地元で絶大の人気を誇る会社を落選させておいて、”後出しジャンケン”をし地元には不評の、ほんの少しだけ売上げの多い会社を選択したのですから、これこそ全くセンスのないこと極まりありません。
    運命が自分の選択した結果であることは、常々いろんなところで言っています。となると、野球自身が衰退の一歩を辿っているのは、今まで歩んできた道が間違っていたということに他なりません。折角、あのストライキを機に良い方向に向かうのかなと思いましたが、今回の新規加盟審査の過程を見るにつけ、これから先の日本プロ野球の行く末は見えたような気がします。このHPをご覧になられている方々は、決して自分の進むべき道を誤らないで欲しいと思います。

2004年11月4日(木)

    イラクで人質され、挙句の果てに殺害された青年が、先日遺体となって日本に帰国しました。周囲に反対されながらもなおイラクで起こっている現実をこの目で確かめたいと、彼は遠い地に旅立ちました。遺族にとってはかけがいのない身内が無残にも殺されたわけですから、その思いは悲痛なものがありでしょうが、彼にとっては結果はどうであれ、本望だったのではないかと思います。
    周囲から見れば、まだ若く、志半ばで誰にも見取られることなく、テロリストに命を絶たれた彼の人生は不幸に見えますが、それをどのように本人が感じていたかによって、本当の意味での幸せ不幸せは決まっていきます。周囲からどう思われているかではないのですね。
    一見、経済的にも恵まれ、自分を愛してくれている家族がいて、また親しい友人がいたとしても、そのことに本人が満足をし、幸せを感じていなければ、本人は不満だらけで、つまらない不幸な人生を歩んでいきます。金運が良いイコール幸せではないですし、恋愛運が良いイコール幸せでもないのです。
    本当の意味での運が良いというのは、自分が苦境に陥ったときに、平静でいられ、その状況にいることで心のそこから充実感を感じ、その苦境を乗り越えることなのです。

2004年10月26日(火)

    一難去ってまた一難・・・
    先週中ごろに台風23号が日本列島を直撃し、多くの犠牲者を出しました。まだ、関西方面の水害に遭った地域では復興ができずに非難所生活を余儀なくされています。そんな最中、新潟の中越地方を震源とする大規模な地震がありました。新潟は、梅雨の時期に豪雨に見舞われ、その傷跡もまだ癒えない状況での地震災害。

    占いは、自然の驚異から自分たちを守るために、自然を注意深く観察をして発生しています。宗教もまた自然に対する畏敬の念から生まれています。どんなに科学が発達したとしても、自然をコントロールすることはできません。ましてや、自然現象を的確に予測することも不可能です。占いが人類に果たして役割は、実はとてつもなく大きいのです。

    人間自身が本来持っている第六感や共時的感性などの、いわゆる予知能力を高め、自然現象を事前に察知して自分を守ることができれば、占いも必要なくなるかもしれません。ただ、科学的思考に慣らされ、都市化した脳に、予知能力が復活するのかどうかは、甚だ疑問ですが・・・・

2004年10月8日(金)

    今年は台風の当たり年のようで、また台風が接近中です。雨が多いことは、島国である日本にとっては大切な飲料水の源でもありますので、ありがたいことなのですが、ここまで降るとうんざりと言う気がします。

    さて、最近”ニート”という言葉をマスコミでよく見かけます。イギリスで作られた造語らしいのですが、仕事をせず、学校にも行かず、さりとて家事も手伝わずといった、無業者の若者をいうようです。イギリスでは、いわゆる不良と呼ばれている若者が、このニートになる傾向があるようですが、日本では少し事情が異なるようです。どう違うかと言うと、日本の場合、もちろん不良と言われている若者がニートになることはあるのですが、例えば高学歴で大学を卒業しても自分のやりたい仕事が見つからないなどの理由で就職しない若者や、一旦就職したけれども職場のいじめや仕事に馴染めずに辞めてたまま再就職をしない若者が多いようです。その多くの若者が引きこもり的に自分の世界に閉じこもってしまうということで、統計によると日本には52万人のニートの若者がいるとのこと。

    鑑定依頼の中でも、今の仕事が合わなくて転職を考えているというような相談を多く受けますが、そのほとんどは、ステップアップしたいとか、自己実現したいというような前向きな理由からであって、このニートのような後ろ向きの発想ではありません。私は常々、幸せや成功は自分で掴むのもと言っています。運命は自分の行動次第でいくらでも良い方向に導くことできるとも言っています。ニートの若者のように自分で掴むことを止め、行動することも止めてしまった若者は、そのままでは不幸になる道にまっしぐらに進んでしまいます。

    そうならたいために、まず自分の幸せを感じる瞬間を思い浮かべてください。成功したときの自分の姿を思い浮かべてください。それを毎日強く思ってください。そうすると自然に心が上向いてきます。前向きになります。今まで気にしていたことがとても小さくつまらないことに思えてきます。そして、自分の本当にやりたいことが見えてきます。

    気は自分の思った方向に動きます。マイナス思考は、マイナス方向に気が動きます。プラス思考は、プラス方向に動きます。焦らず、ゆっくりとプラス思考になるように自分の心を修正していきましょう。

2004年7月25日(日)

    今年の記録的猛暑と豪雨・・・異常気象は我々の人生を大きく変えてしまう莫大なエネルギーを持っています。この異常気象の間接的原因を我々の日常生活や経済活動にあるということは、 大筋において誰もが認めるところとなっています。となると、運命が自分たちの選択した結果である事を考えると、やはり異常気象というものが因果応報として、自分たちが行ってきたことの罰として我々の身に降りかかってくる事は致し方ないことなのでしょう。
    それとは別に、今年が五黄土星の年であることで、大きな自然現象の変化に我々が巻き込まれ 大きな被害を受けるのは、過去の例から、起こるべくして起こったとしか言いようがありません。大自然の前に、我々の力は無力です。起こってしまった事を悔いても仕方ありません。これから先、少しでも自分の運命が良い方向に進むように、今前向きに生きていく事が大切なのです。

2004年6月13日(日)

    梅雨の季節に入り、体調も優れない人も沢山いるかと思いますが、それを助長するかのような陰惨な事件が起きました。既に多くのマスコミによって報道されていますが、その全貌が明らかなになるにつれて、子供とは思えないような憎悪の念とその犯行の残忍さに凍りつくばかりです。被害者の少女のご冥福をお祈りいたします。
    加害者、被害者とも同じ年で、基本的同じ運勢を辿るはずの二人ですが、これまで明暗を分ける状況になるということは、同じ運勢であってもその現象自体は、個々の状況によって異なってくるのです。この年の運勢は、いわゆる変化運の年で、大きな運勢の変化にさらされてしまうので、それまで順調であった人は一変衰運へ、それまで低迷していた人は逆に幸運へと変化をしていきます。
    一般的に言うところの反抗期といわれる時期はこの年から始まるのです。最初の反抗期は3歳前後、2度目はこの12歳の時期、3度目は自我の目覚める21歳前後がその時期になります。いずれも変化運の年なのです。この時期亜hある意味とても重要な年で、その後の数年間のその人のあり方を決定付けてしまいます。
    この運勢の変化の時期はどの年代にもあり、誰にでもそれは起こることなのです。今年の運勢は良いはずなのに、良い事がないと嘆いている人が多くいますが、運勢はその年だけの問題だけではなくて、それまでの運勢の延長線上にありますから、変化運の年に自分が何をやってきたのか、あるいは低迷運のときにどう過ごしたなど、その時々の状況が反映されてきます。ですので、少なくとも日ごろから前向きに生きていく事が大切なのです。

2004年5月5日(水)

    今日は、二十四節気の立夏。暦上では夏の始まりですが、今年は既に真夏日を観測している程機構的にも夏が始まっているようです。今日はこどもの日ですが、最近特に親が子供を虐待し挙句の果て殺してしまうような事件が起きています。子供の虐待自体以前からもありましたが、それがあの大阪の事件以来、子供の虐待や虐待死が大きくマスコミなどに取り上げられる事になった関係で、表面化したに過ぎません。事件の当事者の親たちは口々に”躾だ!”と虐待を正当化しているようですが、確かにまだ日本に体罰というものが容認されていた雰囲気が残っていた時代にはそれが通っていたかもしれませんが、最近では人権という観点からそれを許さない傾向にありますので、子供の躾が行き過ぎて虐待になるケースに対しても社会がすれを拒絶するようになってきています。一方では、親自身の未熟性や身勝手な振る舞いによって、虐待されるケースが多く、大阪の事件はまさにそれですけれども、親が親としてあるいは大人として未熟であることが問題になっています。
    子供の運命は子供が自立するまでは、親の運命によって左右されます。ですので、親との関係の中で見ていく必要があるわけです。確かに、子ども自身生まれ持っている性格なりはありますから、単純に親との相性なり関係性からでは量れない部分があります。しかしながら子供が経済的にも社会的にも親に依存している事を考えれば、親の影響が大きいのは事実です。
    自分の運命が何か人知では知りえない力によって導かれているのではないかと思っている人が多くいますが、実はそういう環境からの影響によって形作られるものであり、その中で自分の反応形式なり、判断の仕方、価値観、思考形式が形作られ、それによって自分の運命の方向が決まってしまうのです。ですので、運命が外から与えられるのではなくて、自分そのものが運命の鍵を握っているのです。心理学がまだ未発達であった時代には、占いがカウンセリングの役割を果たしていました。ユングが易に興味を抱いたのも偶然ではありません。占いを単なる当て物と考えるよりも、自分自身を良い方向に変える(運命を変える)道具として積極的に活用してください。

2004年4月4日(日)

    今日は、二十四節気の清明。春の気が明るく美しく輝き、草木の花が咲き清新の時に当たります。今年は桜の開花が平年よりも2週間ほど早かったようですが、場所によっては丁度、満開の時期を迎えています。
    当館も今年で8年目を迎えることになりました。易の基本は八卦であり、丁度今年その八卦が一巡する年になります。その年を迎えるに当たり、4月より当館HPのURLとタイトルを一新し、心機一転、さらに純粋に易道を追求していきたいと考えています。
    高島嘉衛門は、獄中にあった時に易経に出会い、以来純粋に易を研究し多くの著名人、政治家などの相談に乗ってきました。高島易断はその嘉衛門が研究し独自に創設した易法であり、彼の死後、日本の易学界に大きな影響を与えてきました。 当館も開設以来、高島易によって数千人の依頼者からの相談に乗り活動をしてきましたが、この度独自ドメインを取得するに当たり、”高島易断”の名をはずし、高島易のみならず、他の多くの易学を研究しより高度な易学を身につけることによって、多くの人の多様な悩みによりレベルの高い鑑定を提供していこうと決意を新たにしました。まさにこの節気の様に清新の心で活動をしていきたいと思っています。

2004年2月4日(水)

    今日は、立春。新しい暦の始まりです。二十四節気は、一年を24等分して季節を表します。立春を境に気温が徐々に上昇していき、春の気配を感じるようになるのです。まさに春の始まり。節気は、約15日間で1ヶ月二節づつあります。この二つの節気で1ヶ月を表してもいるのです。西暦に慣れている現代では、あまりピンときませんが、実はこの二十四節気の方がより正確に季節を表現しているのです1年には干支が配置され、また五行によって季節の性質を表現し、陰陽の消長によって、運行しているのを理解すると、季節ごとの運気の状態が分かり、また心身の状態を知ることができて、その季節にどう過ごさなければいけないことが分かるのです。そうすることによって、常に健康を保ち、良い運気で過ごせることができるのです。 

2004年1月8日(木)

    小寒が過ぎ、寒さが一層厳しくなる時期。今年に入って、またもや小学生などの若年者を被害者とする事件やあまりにも身勝手で、あまりに幼稚な事件が頻発しています。生後20日の娘に嫉妬をした父親がその娘に暴行を加え重傷を負わせる事件、不意に通学・帰宅途中の生徒に切りつける事件、未成年者と買春行為をする中学校教員、絶えないバス運転手による飲酒運転、単純な投薬ミス・処置ミスによる医療事故・・・・世紀末も遠い過去になるつつある現在、社会秩序がますます不安定になっていくような気がします。運命は自らが選択してきた結果であることを考えると、彼らの運命は押して知るべしかな。