2003年9月23日(火)

    今日は秋分ですが、秋分は丁度昼と夜の長さが同じであることは皆さんご存知のことともいますが、 陰陽で言いますと、やはり丁度陰と陽が同じ状態にある日なのです。今日から冬至に向かって陰が 優勢になっていく時期に入ります。ある意味、陰陽の転換期にあるわけですが、昨日、第2次小泉内閣が 発足し、暦での転換期である秋分間近に改革推進内閣が発足したと言うのも何か意味ありげな気がいたします。 果たして、どこまで改革が進み、それが我々の生活に対して良い影響を与えるのかどうか・・・・今年は 色々なところで争うの絶えない年です。この転換期に争いがなくなる方向に向かって欲しいものです。

2003年12月8日(月)

    早いものでもう師走。今年に入って理不尽で身勝手な事件が毎日ニュースで報道されます。いつもながら切なさと憤りを感じざるを得ません。人の運命はかくも儚いものかと・・・・。傾向としていわゆる弱者を狙った犯罪が多いのは深い憤りを感じます。自分に降りかかる厄災は、単に偶然の出来事ということよりも、過去から現在至るまでどういう道を選択してきたかにより、それまで選択してきたものが結果的に悪い方向に作用してしまったということなのです。ただ、子供たちが被害者となるような事件の場合はその親の影響下にありますので、その親がどう歩んできたかによって、運命が決まってしまうことがあります。日常さまざまな場面で選択を迫られ、自らの責任において道をを選択しなければなりません。その選択が自分にとって良かったのかあるいは悪かったのかは、その結果を知るまでわかりません。ただ、少なくともそういう目に遭わないために事前に避ける方法はいくらでもあります。その一つが、易であり気学なのです。

2003年12月22日(月)

    今日は冬至。陰の最も極となる日。一年は陰陽の消長によって季節が変化していきます。人の運勢もまた陰陽の消長によって変化していきます。今日はその陰の最も極まった状態にあるときで、明日から夏至に向かって少しずつ陽が盛んになっていきます。東洋医学では、人間の体を陰陽のバランスによってその健康度を測ります。そのバランスが崩れると病気となり、そのバランスを整えるために、鍼や灸、あるいは漢方などを用います。基本的に東洋医学も易や気学も同じ陰陽学という理論体系から成っていますので、易や気学ではその陰陽を見極めることよってその人の健康も見ることもできるのです。鍼灸師の中には易を立てることのできる人もいます。某鍼灸学校では、授業の中で易を教えています。森羅万象、全てのものはこの陰陽の消長と平衡によって、運動しているのです。