2001年1月6日(土)

    明けまして、おめでとうございます。本年の当HPをよろしくお願い致します。
    お蔭様で、アクセス数も40万件を超えました。これだけのユーザーの方のご支持を得ている ということは、鑑定者として大変嬉しいく、これからより一層の研鑚を積んで、皆様の期待に 応えなければいけないと、考えています。
    1月1日より、メールマガジンを発行する事になり、皆様の21世紀の新たなる道を探すため の参考にしていただければ幸いです。占い講座が、このHPよりも、より詳しい内容となって います。易、気学、相学を連載の形で、掲載しています。ある程度、まとまりましたら、この HPで、ご紹介していきます。
    今年は、21世紀最初の年。八白土星が中宮に回座している年ですから、様々なところで、激 変が起こる可能性があります。その流れにいかに臨機応変に対応して行くかが、自分を見失わ ずに、自分の進むべき方向をしっかり見定めて、歩いていく秘訣となるでしょう。そんな年に 大いに占いを活用して、充実した一年にしてください。

2001年8月9日(木)

    前のひとり言から、早7ヶ月が過ぎてしまいました。時間の経つのは早いですね。今年の春先 から梅雨の時期にかけては、例年になく鑑定依頼が多く、鑑定に追われていました。結果を送 信するのにやや遅れ気味になってしまい、依頼された方には大変申し訳ないと思いつつ、鑑定 に手を抜くわけにもいきませんので、毎日真剣に鑑定をし、緊張の日々を過ごしていました。 夏休みの時期になると、やや鑑定の方も落着いてきますので、こういう時期は、纏まったことをするのに非常に都合が良いのです。
    つい先日、HPのデザインを少しだけ変更しまして、みなさんもいき なりフラッシュ画像が出てきて驚かれたと思いますが、どうしても東洋系の占いのHPは地味 なのが多いので、ちょっと動きを付けてみました。これも、こういう纏まった時間がないと、 なかなか出来ないのですね。こんな風に変えたいなと思いつつ、悩みを抱えている人にはきっ ちりと、お返事を書かないといけませんから、普段は時間が取れません。限に、このひとり言 も7ヶ月ぶりですし・・・・この時期を利用して、近々、占い講座をもう少し充実させようか と計画をしてます。メールマガジンで書いていることもUPしたいと考えています。

2001年8月14日(火)

    日曜日、私の吉方である北西方位に久々に祐気取りをしてきました。といっても、ペルセウス流星群観側を兼ねての祐気取り。13日の1時頃極大を向かえるという事で、こちらのおととしのしし座流星群以来の流星観察だけあって期待が膨らみました。が、結局、生憎の曇り空で流星は一つも見ることができませんでした。残念・・・・。やはり、祐気パワーが足りたなかったのでしょう・・・・そこで一泊して、の日、気を取り直して、スカッと晴れた中祐気取りを実行。こちらは、気持ちよくでき、祐気パワー全開。
    私は、依頼される方によく吉方の神社を勧めているのですが吉方に神社がない場合は、自然が豊かなところ、例えば森林、山などでも構わないのです。ただ、気が多いからといって、公園などの人工的に作られたところは避けた方が良いです。神社を勧める理由は、神社は鎮守の森といわれるように、大抵緑が豊で、清浄な気が流れているので、祐気取りには、最も適しています。
    祐気取りは気持ちよく出来たけども、流星を見ることが出来ず心残り・・・20日まで観側できるそうですから、みなさんも東北の夜空を眺めて見てはいかがでしょう。

2001年8月22日(水)

    最近、立て続けに未成年者略取の事件が起こりました。黒磯市の事件の犯人はまだ捕まっていませんが、いすれの犯人も、場当たり的な、無計画の犯行のようです。無事、子供達が保護されたことは、喜ばしい事ですが、子供を狙った目的のわからない犯行は、この事件に限らず、後を絶ちません。自分のストレスのはけ口として弱者を利用しているとしか思えません。
    この犯人の共通点として、自己中心的、気分屋、無計画、妄動的に行動するといったタイプ。犯行を犯すか犯さないかは、そういう要素を持っていて、今まで育ってきた環境、その前後の生活状況により、事件を犯してしまうのでしょう。
    気学は動の運命学といわれます。運命は自分が選択した道の結果なのです。彼らたちは、自分たちがそういう道を選択してしまったのです。これから、その選択した道のよって裁かれる事でしょう。

2001年9月10日(月)

    台風15号が、また上陸しそうです。今年の台風の特徴は、非常にゆっくりした速度で進んできます。ゆっくり進むという事は、それだけ風雨が長続きするという事で、被害も拡大していきます。暴風雨による、水害、あるいは突風による被害に気を付けてください。
    ところで、日本に接近する台風というのは、北西に進んできて、日本付近で北から北東に進路を変え、足早に過ぎていきます。それは、日本上空に吹く偏西風の影響で、その風に乗っかって、西の方向に流されて行くのです。ただ、今年は、太平洋高気圧が強い関係で、台風が進路を妨害されているために、その速度が遅いらしいのです。で、今年の年盤を見ると、今年は八白土星中宮の年。八白土星の影響を受ける年なのです。八白土星は停滞、渋滞という意味があります。物事が停滞、渋滞するなどのことが起こりやすいのですが、台風も八白土星の影響で、渋滞してしまっているのでしょう。

2001年10月3日(水)

    アメリカで起きたテロ事件で、罪のない多くの人命が失われました。ご冥福をお祈りいたします。多かれ少なかれ、あと数日でアメリカによる報復行動が実行されますが、そこでまた多くの罪のない人命が失われるでしょう。運命と言うことを考えた場合に、一度に何千人もの命が奪われた人々は、全く違った人生を歩みながら、この日この時間に同じ場所でこの事件に遭遇したわけですから、やはり同じ運命を歩んできた事になります。方法は違えど、辿りつくところが同じ・・・・たとしても、あまりにも惨い結末ではないでしょうか。テロリストも同じ運命を辿る事でしょう。

2001年10月8日(月)

    今日は、二十四節気の寒露。秋雨前線が冷たい雨を降らせています。一雨後とに、夏の猛暑を忘れさせてくれるようです。先日、立て続けに占い師になりたいという方からの問合せと相談を受けました。占い師に資格はあるのかという問合せと占い師向いているかという相談です。資格がなければ占い師はできないかというとそうではないのです。占い師を養成している学校に行ったり、直接ある占い師について勉強したり、占いのセミナーに出席するとか、勉強する方法はいろいろありますが、統一した資格はありませんし、それがなくても占い師はできます。ただ、これは可能ではあるが、それで直に実占ができるかどうは別問題です。占い師に適性はあるのかどうかですが、確かにどの仕事にも適不適はありますから、占い師に向いていない人も当然います。占いが好きという人がイコール占い師に向いているとは必ずしも言えません。一方的に自分の考えを押しつける人は向いているとはいえませんし、それよりも様々な悩みを抱えている人の話をじっくり耳を傾ける人のほうが向いているといえます。人の進むべき道を示すわけですから、占い以外の様々な経験や知識も必要です。というより、今までの人生経験、社会での経験あるいはその人が持っているセンスが一番大切な要素なのかもしれません。

2001年10月26日(金)

    紅葉が徐々に里に降りてきました。私の住んでいるところも朝晩の気温が10度を下回るようになりました。 テロ事件の影響が日に日に深刻なものになってきています。それに加え、狂牛病騒動が一向に収まりそうにもありません。国民の健康を守るはずの国があからさまな内向きの対策しか講じる事が出来ないのは、一国民として憤りを感じざるを得ません。確かに、この騒動一件によって、酪農家や食肉販売業、飲食業などに多大な損害が出ていますが、だからといってこんな安易に安全宣言をして良いのでしょうか。挙句の果て、マスコミのせいにするような幼稚な発言をする当時者のトップである大臣がのたまうとは、呆れて者が言えません。世界一厳密な検査態勢を整えたと会見した矢先に、実はそれでは不充分だと、2次検査で陰性であっても、更に高度な検査で陽性になる可能性が捨てきれないという研究者会議の意見が出されました。ということは、つい先日お墨付きを得た牛肉の中に、もしかしたら狂牛病陽性反応がでる牛肉が混在している可能性があると言うことです。イギリスが15年掛かって牛肉の安全性の信頼を勝ち取ってきた努力をこの国の行政もすべきなのです。自分たちの天下り先である外郭団体の統廃合に反対するだけのエネルギーがあるのなら、それを少しでも国民の安全に注いだらどうなのだろうか。